新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS Bトレイン・アワード2014

<<   作成日時 : 2015/01/31 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

Bトレイン・アワードは、今年発売されたBトレを振り返り、ユーザー視点による、Bトレイン・ナンバー1を考えてみようという、年末恒例企画です。

とはいえ、2015年に入って1月経とうとしております。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

いつものことながら、2014年も結構Bトレを買い込んだのですが、ランキングつけるほど組み立てておらず、このままだと三陸鉄道に決まってしまうので、今回は2014年の総括するような形にさせていただきたいと思います。


■概要

1. 新規車両の出来はよく、再販品は悪い。
2. SGシャーシの評価。
3. 上昇傾向続く価格。



1.
新規車両や改良金型の車両は、総じて良くできている反面、再販品の詰めの甘さが目立ちました。


14系客車から始まり、名鉄キハ8000系まで、新規品の出来は総じてよかった印象。
特にしまかぜとDE10、そしてシール貼りが地獄であるものの885系は、特徴ある形状を見事にまとめており、DE10に至っては、長さにも違和感がないくらいと思います。
最後に出てきた名鉄キハ8000系は、購入数がかさむものの、全車種組み立てられる設計がされているのはさすがでした。

一方の再販品は、スカートがちがう209系房総、交換対応で打ち切りに追い込まれたKIOSK9、商品案内には付属と書いてある屋根が入っていない211系長野色など、はっきり言ってひどかった。
いちおう弁護もしておくと、211系長野に関しては、商品化決定段階では3両編成しか存在してなかったので、屋根は入れなかったそうです。でもパンタあり中間車屋根と確かに商品案内には書いてあったわけで、指摘を受けるのは仕方がないと言えます。
KIOSK9のシールミスは素人レベル。485系3000番台新潟色の塗り分けラインの高さは交換対応するレベルだったのか若干疑問が残りますが、チェックできていなかったのは反省点となるでしょう。

商品段階で細かい部分でエラーエラーと騒ぐ最近の傾向は、Bトレという商品の性格上、実のところ私は好きではありません。
実際と異なる点に関して、私もよく指摘していることは、十分承知しています。その原因はパーツ構成上の仕様だったり、価格上昇を抑えるためのパーツ削減だったり、あるいはエラーだったりするわけですが、それ以降は、ユーザー自身でカバーできる部分はカバーすればいいし、できない人・やらない人は別にそのままでいいと思うし、またそういう点が気になるかどうかは、その人の思い入れに左右されるわけです。メーカに通報し対応を要請するのも間違いではありません。それは個人の自由、各自工夫のことと思います。


2.
SGシャーシの評価は散々ですが、いいところもあると思うのです


SGシャーシはディスプレイに特化したシャーシで、組み立ては確実に簡単になっています。
N化しない人にとっては、ものすごくよくなっているはず、だと思います。
メーカーさんに少し話を聞いたところ、車輪も一体化することまで検討されていたそうですが、それはやりすぎだろということで、車輪は見た目をよりリアルにするため、フランジを浅く改良(これが改悪といわれているわけですが)して残ったようです。

ちなみに、N化を捨ててない私の場合、あのカプラー受けがボディにつく構造が嫌いです。ディスプレイ用のシャーシ作るなら、台車側にカプラー受けをつけてもらったほうが、いざN化するときに楽なのは明らかなので、なんとかなりませんでしょうか(半笑い)。


3.
値段の上昇傾向が続いていますが、さすがにそろそろキツいっす


2013年の後半からだったでしょうか、価格上昇がはっきり表れてきて、通常品1両あたり1,000円が見えてきた感じですが、もうかなり厳しいところまで来てしまったような気がします。まあ物価上昇とともに所得が上昇すれば、大した問題ではないのですが。
このような電車を短くしたようなおもちゃに、私たちがいくら払えるかという問題より、関連グッズとして考えている鉄道事業者なりが、この値段を見たときに、売れる商品だと決断してくれるかどうかという問題が、今後のBトレのカギを握っており、実に不安です。

なお、Bトレにこんなにお金をかけるのはもったいない、Nゲージ鉄道模型を買ったほうがマシ、という議論がよく勃発します。そのような流れはおそらくあるでしょうが、BトレをNゲージの代用品と考えている人は意外と多くないので、Bトレがある限り大きな流れにはならないと考えています。
東武8000系のBトレはたくさん所有しているのに、8000系のNゲージは1両もない私のような人間(鉄コレは持ってますね)もおりますし、Bトレを集めつつ、長いのも集め、さらに大きいのも集めている方もいらっしゃいます。



■そのほか
以前よりtwitterでBトレのことをぶつぶつつぶやき続けておりますが、たいぶBトレのことをつぶやく方が増えているような気がします。もちろん、すでに身を引いた方、鍵っ子になった方、鍵っ子になったり戻ったりする方もいますね。
人口が増え活発になるにつれ、情報の質が上にも下にも拡がるのは当然の結果であり、これは情報を受け取る側がきちんと見定めていかなくてはいけません。また発信する側も、デマじゃないのか、出していい情報なのか等、ツイートボタンを押す前に一呼吸置いて、考えることも必要です。
私の場合、ネットで拾った情報は裏取れるものしかツイートしないようにしていますし、情報源は表示するようにしています。
とりあえずネットに流れる情報を、安易につまみ食いして早合点しないように。
出来る人は模型イベントに出向いて、見て、聞いて、直接伝えることも必要と思います。ネットでくすぶってるだけではなくて。
とはいえ、話してくれなかったり、聞いてくれなかったり、受け流されたりすることはあります。私はコミュニケーションが下手くそなのでよくあります。
でも、ごくまれに、「そんなこと他の誰にも言えねえよwww」って話もあります。ごくまれに。



ということで、2015年がBトレにとってよい1年になりますよう、期待はしたいのですが、なんかもやもやした1年になるのではないかと思う今日この頃です。


最後に、当企画の趣旨にご賛同いただき、ご参加いただいた皆様に、この場にて御礼申し上げます。















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Bトレイン・アワード2014 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる