新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS じぇじぇじぇのきたてつ

<<   作成日時 : 2014/03/23 02:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北三陸鉄道のBトレは、私にとって悲願でありました。

北三陸鉄道リアス線、略して北鉄(きたてつ)は、1984年7月1日に開業した第三セクターの路線。
岩手県北三陸市の北三陸駅と宮古市の宮古駅を結ぶ路線。
近年は赤字が続き、存続問題も浮上する中、2011年3月11日の地震と津波により、壊滅的な被害を受けます。
しかし、震災の5日後には、運行可能であった北三陸〜袖が浜の1駅区間で、復興支援列車の運転を再開。
2012年7月1日には、北三陸〜畑野で運転を再開し、2013年には宮古までの全線で再開します・・・
というドラマでの設定です。

さて、あまちゃん関連の鉄道模型は、もともと三陸鉄道36-100形を発売したことのあるTOMIXが、お座敷列車を商品化して完売。その後一般車両、お座敷列車Uと、一通り商品化しています。
そして最後を飾る(?)のがBトレです。

三陸鉄道も合わせて3商品が発売になりましたが、とりあえず北三陸鉄道版を。

■パッケージ

Bトレ北三陸鉄道36形パッケージ2
最近多い、ブラインドパッケージ約2個分厚のパッケージ。
両面どちらでも表にして陳列できる、というのがこのパッケージのポイントなんだそうです。
こちらはお座敷列車の写真。

Bトレ北三陸鉄道36形パッケージ1

こちらは一般車両の写真。

ジオラマはパッケージ写真撮影用に作られたもので、Bトレのオフィシャルサイトでもこの写真が使われていますが、実物のジオラマは、4月6日まで大阪梅田ロフトの「あまちゃんが大好きだ展」で見られます。

袖が浜ジオラマ全体
私もヨコハマ鉄道模型フェスタで実物をみました。

Bトレ北三陸鉄道36形パッケージ3

パッケージを開けると、じぇじぇじぇの顔文字とまめぶう、裏側はリアスの看板が印刷されているという、
まさに、「分かる奴だけ分かればいい」パッケージ。
ちなみにじぇの顔文字は、じぇが増えると当然 j が増えます。(‘jjj’)だと3つだからじぇじぇじぇ。

■パーツ構成

商品は、お座敷車両と一般車両が1両ずつ。
Bトレ北三陸鉄道お座敷
お座敷車両は、最近流行の特殊印刷済み、ガラスはめこみ済み。
正直、テカり過ぎだろと。
潮騒のメモリーズラッピング隠し用のステッカーが収録されているので、ドラマ最終回版や三陸鉄道さんりくしおかぜにすることもできます。
実車にならって、屋根は更新前の角型ベンチレーター、台車はコイルばねのパーツが付属します。

一方、一般車両は36-207印刷済みの特定ナンバー。
画像
207はオープニングで毎回登場する車両ですが
Bトレ北三陸鉄道36形一般車両
じぇ、屋根パーツが未更新って、
どこ見てんじゃ、アホんだら、アホんだら、アホんだらっ!
※208も同様に、屋根と台車は更新されています。

Bトレ36形屋根
対応としては、更新後の屋根を調達するために、キット、ずっとを犠牲にするのが近道です。

台車は北鉄一般車両付属のボルスタレス台車で正解。

Bトレ北三陸鉄道36-207
行先に北三陸を貼ってありますが、北三陸版のみ、北三陸と三陸の計2枚のステッカーが入ります。
ドラマでは、三陸鉄道の車両をほぼそのまま使用しているので、久慈とか貼れば三陸鉄道の車両になります。
まぁ、ドラマでも宮古は宮古なので、宮古を貼ればどっちでも。


■組立て
スカートをはめるときは、マイナスドライバーなどで後ろから押して、スカートと車体の接続部分がツライチにならないといけません。そうしないと綺麗に前面パーツがはまりません。
あとは比較的組み立てやすいモデルです。
屋根はトイレのないほうに、排気口が来ますが、ダボ穴の関係で、逆にはめることはないと思います。


■N化
Bトレ36形スカート
36形のスカートは、久慈側と盛側では形状が違い、Bトレでは作り分けられています。
またカプラーをはめるピンがスカートについており、それが通常のN化は支障することからN化用のスカートも付属します。
写真のものはお座敷車両のスカートなので青塗装です。青塗装車と赤塗装車は車体と同じ色。
一般車両とキットずっと(1号・2号)はグレーですが、本来は黒に近い色をしているので、塗装するのもよいでしょう。

で、N化に話をもどして、

説明書通りに、N化用のスカートと動力3やT台車でN化するものよいですが、
せっかくスカートが作りこんであるので、Nでもピン付きのスカートを使いたいものです。
Bトレ36形を動力4でN化
動力4と、カプラーはBトレ付属のダミーカプラーを使用することによる例です。
動力4の床板の両端と台車が車体に取り付けると引っ掛かるので、その部分切除しています。
ただそれだけでは、ダミーカプラーの根元がまだ台車に引っ掛かるので、ダミーカプラーの根元を少し落とします。
(落としすぎると、ピン固定ができなくなります)
2両編成くらいだと、ダミーカプラーで走行は可能です。

Bトレ北三陸鉄道36-207
屋根は、北三陸鉄道付属のものから、キットずっと号付属のものに交換。動力4でN化。スカートはそのまま。

Bトレ北三陸鉄道36-2110
これはN化していないので、SGシャーシを履いています。

Bトレ北三陸鉄道36-207とキットずっと2号
207のみ、ガンダムカラースプレー/ファントムグレーで塗装後、トップコートつや消し。


この商品、ステッカーにこだわった商品で、内容が北鉄・三鉄とも内容が充実しているので、ヘッドマークなども使いドレスアップするのもよいでしょう。
私はカプラー回りを再度検討してみます。


★以下、あとでバッサリ消すかもしれませんが★
商品担当こだわりのステッカーに収録の元ネタ集。

画像
オープニング。この時は北三陸の幕。車両は207。

画像
中央に祝開業ヘッドマーク。おそらく宮古の幕。北鉄開通式(1984年7月1日)。

画像
上記の列車の出発後。宮古の幕のみ。3両編成はこの時だけ。

画像

北三陸の幕。単行。アキと春子が北三陸へ。

画像

上記列車が北三陸に到着したシーン。車両は207。

画像

回送の幕。車両は208。きたてつの車庫にて。軽ワゴンも北鉄仕様。

画像

宮古の幕。単行。

画像
宮古行きの単行。袖が浜の駅でユイが爆弾発言(笑)をして、北鉄に乗って畑野の家に帰るのを見送るアキ。

画像

ワンマン表示に北三陸の幕。ワンマン表示をしているのは、おそらくこれと北鉄のユイちゃんの観光協会動画のみ。
その動画を見たオタクさん達がわんさか北三陸にやってくる、というシーン。

画像

画像

画像

きたてつ25周年お座敷列車。この時は単行で、側面にラッピングがあり、先頭両側に25周年のヘッドマークが中央についている。幕は団体。

画像

アキが再び上京するための貸切列車。臨時の幕、運転席下に貸切のヘッドマーク。本当はユイも・・・

時は流れて
画像

宮古行き単行。こちらは後ろで行先のみ。2011年3月11日。

画像

上記の列車の宮古側。運転席下に「笑顔つなぐ、故郷つなぐ」のヘッドマーク。北鉄のユイちゃんとリアス先輩が描かれている。トンネルで停車しているシーン。

画像

宮古行きの幕に、「笑顔つなぐ、故郷つなぐ」のヘッドマークが付いている。上記列車が後日北三陸駅の車庫に戻ってくるシーンで、「奇跡の車両」として描かれている(実際の、トンネルに停車した「奇跡の車両」は南リアス線)。時期的には2011年3月から6月の間かと。

画像

画像

災害復興支援列車の2両編成。幕は臨時、助手席上に「北三陸―袖が浜」「復興支援列車」を貼り付けている。「災害復興支援列車」ヘッドマークは、「笑顔つなぐ故郷つなぐ」のものから、文字を替えたもの。震災発生から5日後に北三陸〜袖が浜の1駅間で運転を再開(三陸鉄道では久慈〜陸中宇部〜陸中野田の2駅間)。

画像

上記復興支援列車の折り返し。表示類は同じ。こちらは208が先頭。

画像

画像

上記の復興支援列車から、「復興へと走り出す北三陸鉄道」の貼り紙が追加されている。2両編成。Bトレパッケージのジオラマにある、2011年6月の袖が浜に帰ってきたアキを迎えるシーン。

画像

宮古行きの幕に、「笑顔つなぐ、故郷つなぐ」のヘッドマーク。車庫内留置の車両は「奇跡の車両」。

画像

一般車は回送、お座敷は白幕。2012年4月の一コマ。

画像

試運転幕。畑野への再開に向けた試運転で、2両編成。あとにオチがある。

画像

中央に畑野までの運転再開ヘッドマーク、そして畑野の幕。畑野までの開通式。畑野幕はこのドラマ最終回のみ登場。
奥のお座敷が久慈を表示している(ドラマでは久慈という地名は出てこない)。

画像

潮騒のメモリーズ号。中央にヘッドマーク、幕は団体。この時は側面のラッピングがなく、後ろに一般車を1両連結している。
畑野の幕は最終回で3回ほど出てくるが、潮騒のメモリー号のヘッドマークはこの場面しか出てこない。

画像

話の流れ的には、潮騒のメモリー号の折り返し・・・のはずだけど、一般車2両編成。
畑野復旧ヘッドマークに、幕が北三陸(見えにくいけど)という組み合わせはここだけ。


以下は模型製作に関係のない部分。

まず、列車をアキが追い越すシーン3連発。
画像

普段袖が浜から北三陸駅までは北鉄で通っているのに、列車の待ち時間にリアスにいた母親からブスといわれ、自転車で爆走して袖が浜まで帰ってしまうシーン。列車は宮古行き。

画像

「ETかよ」の前のシーン。高校から袖が浜の灯台の先まで自転車で暴走。列車は宮古行き。

画像

「せんぱーい」のシーン。この時は袖が浜から北三陸駅へ向かっている。列車は北三陸行きですが、震災後なので臨時、災害復興支援列車、「復興へと走り出す〜」となる。

画像

車庫にて、「この火を飛び越えてこい」。放送とDVDでは、BGMが差し替えられたことで有名なシーン。
ちなみに放送版の方が演出として断然面白い。

ステッカーに入るかと期待していたけど、やっぱり入らなかったネタ3つ。
画像

画像

権利関係が面倒なネズミの絵。最初のお座敷列車の前、だれかに落書きされたというシーン。
この時だけ、お座敷車が宮古の幕を出している。
お座敷列車に側面ラッピングがなされたのは、この絵が消えなかったからみたいで
画像

震災後のあるシーンで、まだネズミの絵がうっすら残っている。

画像

で、2回目のお座敷列車の直前に、子供は喜ぶけど大人は胃が痛くなるネズミの絵がまた落書きされる。
このネズミの絵が秀逸すぎる。

画像

おらど結婚してけろ! 列車に落書きはいけません。


最後はおまけで。
画像

岩手県北バスではなく「岩手北バス」。バスコレ改造ネタにいかがですか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
じぇじぇじぇのきたてつ 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる