新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS Bトレイン・アワード2013

<<   作成日時 : 2014/01/19 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


Bトレイン・アワードは、今年発売されたBトレを振り返り、ユーザー視点による、Bトレイン・ナンバー1を考えてみようという、年末恒例企画です。


自身でネタ振りしておきながら恐縮ですが、Bトレを買ってはいるもののほとんど組み立てておりません。


自分目線の商品評価という点では、

ベストワンは、東武9000系・10000系・10030系。
リリースされただけでも満足です。屋根があんなに入っているので、妻板のことなんて強く言えません。
ステッカーは期待しちゃいけないと割り切っています。

組んでいないことをご了承いただいた上で、高評価したいのが
上信のデキE3系新幹線
デキに関しては、鉄道模型ではなくBトレというおもちゃである、ということを踏まえれば良品であることは間違いないと思います。
E3系は実車の再現となると難しい部分がありますが、比較的良い品でありながら忘れ去られがちなので入れておきます。

あと、Bトレだからできた商品として、メトロ6000・7000・8000系
ドアの大窓・小窓を作り分けられるように、ドア表現がガラスパーツに入っているという点が斬新でした。
14系ハザもこれをやれば、折り戸・引き戸の作り分けが容易なのにと思ったんですがどうでしょう。

詰めの甘さはまだありますが、ぶん投げたくなるような残念な商品はなかったということも押さえておきましょう。
押入れから山陽電鉄3000系を引っ張り出してきて、組んでみたい気分です(笑)。


以下は2013年のBトレトピックをまとめておきます。


○1月1日
ファンページの元旦恒例イベントは運試し。隠しページにたどり着くとメッセージが書いてありました。
・北に向かう列車=北斗星
・土竜が大発生=地下鉄車両・東京メトロ
・エースで突っ走れ=N700A
・生きた化石を捕獲=上信電鉄デキ
あとひとつあるのですが、実現していないのでヒミツ。


○4月1日
ファンページのエイプリルフールネタは、ネコミミさんのヘルメットに北斗星のヘッドマーク。


○幕張ホビーショウ
こっそり置いてあった銀色のタキ。
近々出す、という暗示ではなくて、機会があれば出す、ってことらしい。


○10周年リクエストに基づいた商品化ラッシュ
2014年発売決定分を含めると、再販リクエストTOP10はすべて当選。
新商品リクエストの方は、2位の北斗星が内容こそ微妙でしたが製品化。また5位の京急1500形、6位の西武6000系が事業者限定で製品化されています。


○東横線関連の商品化
副都心線と東横線の乗り入れ開始にあわせてか、関連する車両の製品化が続きました。
メトロ7000系、東武9000系、西武6000系が新規で製品化。東急5050系4000番台、みなとみらい線Y500系、東武50000系も再販され、すでに製品化されているメトロ10000系を含めるとすべての車種が発売済み。
2014年にはHikarieが出てきます。


○特殊印刷済み
車体ラッピングなどに特殊印刷を用いた製品が多く発売されました。
おそらくこの傾向は続くでしょう。

最近、実車にアニメのラッピングがされた車両が多く存在しています。
東京は広告規制の関係で難しいようですが、1本くらい振り切ったラッピングがあってもいいと思っていまして。

で、鉄道とアニメが趣味と公言してはばからない層が確実いる中で、Bトレのターゲットとアニメファンの層が近いこともあり、商品企画として実に理に適っているわけです。
やりすぎて戦車まで付けてますけど。

しっかしですね、特殊印刷をウリにしている一方で、南海30000系みたいにタンポ印刷は甘いという、詰めの甘さはなんとかならんのでしょうか。


○シャーシ
シャーシ(フレーム)は旧シャーシ〜HGシャーシ〜新HGシャーシ〜SHGシャーシと来て、2013年末よりSGシャーシなるものが登場しました。
これが、3歩進んだと思ったら4歩下がっちゃった感じ。

SGシャーシでは床板と台車が一体成型になっていて、Bトレデフォルトの状態で遊んでいる人にとっては組み立ては簡単になりました。
一方でSHGと同じ床板も入っており、N化する場合はこちらを使用することになります。
連結はマグネットカプラーが順次省略され、連結できるダミーカプラーやドローバー連結に変わっていきますが、ドローバーは長く、連結間隔が広くなってしまいます。

またカプラー受けが、台車ではなく車体の側面パーツをつなぐブロックにカプラーポケットが一体化されました。
これがN化とSGシャーシの交換が面倒(SGで連結器を付けると、N化の際にN化台車のカプラーが邪魔になる)です。
台車一体のSGシャーシにしたのだから、カプラー受けも台車に一体化させていればいいのに。


○改良新規金型
Bトレも初登場から10年以上経ったわけで、近年再販時に金型を新しくしたものが出てきています。
イベントの際に中の人からうかがった話では、リニューアルするかに関係なく、金型の廃棄はぼちぼち進めているようです。パート1に入っていた国電とか、意外と。

金型廃棄してしまったら、再販するにも再度金型を起こす投資に似合うか、そういう判断も加わってくるわけで、特に現存してない車種などの再販は、厳しいものになってくる可能性があります。
あとリニューアルかかると、多くの場合リニューアル前のものが見劣りしてゴミになります。コキ結構持っているのですがどうしようかと。


○ショーティーじゃないBトレインショーティー
上信電鉄のデキはほぼスケールの商品ですが
デキの全長は、連結器を含めて9,180mmなので、実は実際の縮尺からちょっとロングなBトレなんですね。



最後に、本企画にお付きあいいただきました皆様に、この場にて御礼申し上げます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Bトレイン・アワード2013 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる