新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS Bトレ 東京メトロ6000系・7000系・8000系の傾向と対策

<<   作成日時 : 2013/02/04 00:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

メトロ6000系・7000系有楽町線が発売されて日にちが経過し、半蔵門線・副都心線に関する情報も増えてきましたので、ここでおさらいしておきましょう。


■7000系有楽町線

・商品仕様・・・3・4次車(21〜27F)の登場時の仕様。冷房準備、ドア窓小窓。
・商品画像・・・メトロの缶詰
・商品傾向・・・普通に冷房準備仕様で組めば大きな問題はない。
・注意事項とその対策
1)冷房で組みたい場合は、千代田線6000系付属の屋根パーツを使用する。この場合、21〜27の冷改後と28〜32Fになり、営団時代・メトロ時代共に存在する。
2)側面の方向幕は、左端が行先幕、右端が未使用(パッケージで正解)。
3)パンタグラフはGMのPT42が該当。
4)屋根のベンチレーター(排気扇)、ランボード、ヒューズ箱を塗り分けると実感的になる。


■6000系千代田線

・商品仕様・・・4次車以降のB修工事後の仕様(22〜32Fで現存する編成)。冷房、ドア窓大窓。
・商品画像・・・メトロの缶詰
・実車画像・・・
P1262852
こちらにもあります
・商品傾向・・・実車は撤去されているベンチレーター(排気扇)が屋根パーツにある、クーラー形状の印象が違うなど、素組みでは実車と異なる点がある。
・注意事項とその対策
1)細部まで再現しようとすると、ベンチレーターを撤去し穴埋めする必要がある。
2)パンタグラフはGMのPT42が該当。
3)ランボード、ヒューズ箱を塗り分けると実感的になる。
4)営団時代にB修施工された編成があり、その場合は06系の営団マークを使用する。


■7000系副都心線

・商品仕様・・・27F以降で、副都心線対応改造がなされ現存する編成。冷房、ドア窓大窓。
・商品イラスト・・・

※アフィリエイトリンクですが、クリックしても購入しない限りこちらにはなにも入りませんのでご心配なく

・実車画像・・・
PC292350
PC292348
P2023329
・商品傾向・・・イラストを見る限りでは、実車で撤去されているベンチレーター(排気扇)が屋根パーツにあるなど、素組みすると実車と異なる点がある。
・注意事項とその対策
1)すべて8両編成である。
2)細部まで再現しようとすると、ベンチレーターを撤去し穴埋めする必要がある。
3)側面の方向幕は、左端がLED行先表示、右端が未使用(スピーカーはここには無い。あるのは1・2次車を含む編成)であり、イラストが間違い
4)パンタグラフはGMのPT42が該当。
5)ランボード、ヒューズ箱を塗り分けると実感的になる。


■8000系半蔵門線

・商品仕様・・・3次車(12〜14Fと15F以降の8600・8700)のうち、屋根に排気扇の残るB修未施工の車両(現時点で編成で存在するのは12・14F)。冷房、ドア窓小窓。
・商品イラスト・・・

※アフィリエイトリンクですが、クリックしても購入しない限りこちらにはなにも入りません

・実車画像・・・
P1202405
P1202408
・商品傾向・・・イラストを見る限りでは、先頭車の屋根にベンチレーターがないが、実車には存在する。側面は6000・7000系と共通なので車体が少し異なる。
・注意事項とその対策
1)細部まで再現しようとすると、先頭車屋根にベンチレーターを載せる工作が必要。
2)パンタグラフはGMのPT42が該当。
3)ランボード、ヒューズ箱を塗り分けると実感的になる。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この8000系のドア窓は、小窓ですか、中窓ですか。8010Fをつくるので。
寝台急行北斗星
2015/06/10 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
Bトレ 東京メトロ6000系・7000系・8000系の傾向と対策 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる