新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS Bトレ日本海セットと金帯2両セットでできるもの

<<   作成日時 : 2012/09/18 01:06   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今更感がたっぷりですが、日本海セットと、その増結セットの意味合いである金帯2両セットのお話です。

日本海セットの内容は
・EF81ローズピンク ひさし有り(初)orひさし無し
・カニ24白帯(初) 後部・屋根パーツの選択で、23・25(雨樋)・116
 ※カニ24-23の実物は側面ルーバーが埋められている
・オロネ24白帯(初)
・オハネ24白帯(初)
・オハネ24金帯・引戸(初)
・オハネフ24白帯(初)

金帯2両セットの内容は
・オハネフ25金帯 100番台(切妻)or200番台(半折妻)
・オハネ25-100金帯

となっています。


日本海の編成ですと、
ネットで探した範囲で、ちょい昔ですが2008年3月2日に撮影された大阪行きが
2セットずつで表現できます。

EF81-107
オハネフ24-21白帯
オハネ24-19白帯
オハネ24-20白帯
オハネフ25-117金帯
オハネ25-151金帯
オハネ25-211金帯
オハネフ25-129金帯
オロネ24-5白帯
カニ24-25白帯

※かけやま写真館様 編成サイドビュー・客車 EF81+24系日本海2号

・・・あまりオハネ24引戸金帯×2、オロネ24×1、カニ24×1


このセット内容でできるブルトレですが、
同じ青森車使用の現行あけぼのには、オハネ25-550があるので厳しく
米沢経由時代あけぼの、オール白帯24系なら可能です(日本海セット×6)。

カニ24(カヤ24)
オロネ24
オハネ24
オハネ24
オハネ24
オハネ24
オハネフ24
オハネ24
オハネ24
オハネフ24

ただし、白帯の電源車だと、おそらくカヤ24になってしまうと思われます。
またカニ24は、当時銀帯じゃないかと。


金帯セットですが、まず金帯のカニがないということがあります。
銀帯のオロネ25、金帯のオシとカニをなんとかして加えることで
末期の出雲というのがあります。

カニ24-100←
オロネ25(銀帯)
オハネ25-100
オハネ25-100
オハネフ25-100→
オシ24-700
オハネ25-100
オハネ25-100
オハネフ25-100→
(以下欠車あり)
オハネ25-100
オハネ25-100
オハネフ25-100→
※オロネ25以外は金帯

出雲のカニ込み9両の組成は、私がコツコツ買いためて持っている編成です。
出雲の牽引はEF65-1000とDD51ですから、そのうちBトレインでまるまる再現が可能になりますね。


また、初登場のオロネ24-0はどうせ余るでしょうから
末期の急行銀河はいかがでしょう。

カニ24-0or100←
オロネ24(白帯)
オハネフ25-100→
オハネ25-100
オハネ25-100
オハネ25-100
オハネフ25-100→
(以下欠車あり)
オハネ25-100
オハネフ25-100→
※オハネフ25-100はオハネフ25-0の場合あり

もちろん、オロネ以外は銀帯です。


当方は残念なことに、きれいな編成を作りたくなってしまったので、前述の白帯あけぼのなのですが
さらに残念なことに金帯引戸のオハネが生まれてしまうので

P9171941
エルム編成を組成しました。
(金帯のカニは1両しか持っていないので、すでにある出雲編成と共用。カニ24-100番台から改造された511が存在)

金帯・引戸のオハネフは製品化されていない(トワイライト色なら出ている)ため
レボリューションファクトリー504「ハネ用引戸」を使って、オハネフ25-200とオハネ25-100を引戸化しています。
(ただし窓ガラスなし)

また、味付けとして
P9171940
スハネフ24-500っぽいの(かなり適当な工作)を1両組み込んでみました。


あとはEF81をどうしようかと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Bトレ日本海セットと金帯2両セットでできるもの 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる