新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS B-net公開運転会終了しました。

<<   作成日時 : 2011/11/28 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11/26・27で公開運転会を実施いたしました。ご来場いただいた皆様に御礼申し上げます。

画像


モジュールについては基本的に普段どおりの内容となりました。

画像


B-netでは、モジュールをつなげて線路長の比較的長いレイアウトで運転していますが、Bトレインは車体の長さが短く、急カーブを曲がることができるため、鉄道模型とすれば小さな面積で走らせることができるのが特長です。

そこで、先日KATOから小半径の道床付きレール「ユニトラックコンパクト」が発売になりましたので、エンドレス基本セット(R150mm)の内容で、Bトレイン走行のデモンストレーションをしてみました。

B4の木製パネルを2枚で、B3サイズの範囲内で一周するエンドレス線です。
名鉄3400系いもむしは、バンダイ製の足回りで、初日は動力車(動力ユニット3)1両で4両編成、
2日目は、動力車2両で6両編成で走行させました。
写真では、直線区間を124mm(レールセットから124mmの直線レールを2本抜いたプラン)にしていますが、直線を124+62=186mm(レールセットから124mmの直線レールを1本抜いたプラン)でも、B3サイズに収まります。

左は、ギリギリB4サイズ1枚に収まるTOMIXのスーパーミニカーブ(R103mm)のエンドレスセットです。バンダイ動力ではカーブがきつすぎて、走りがスムーズではなかったため、KATO製の動力で走行させました。

画像


ホワイトボードを「おとくなけいじばん」状態にして、今度発売となる大江戸線のBトレインのお知らせと、Bトレインで使えるN化パーツリストを掲示しました。

画像


運転会では、よくレールを走らせる方法について質問をいただきますので、対応商品のご案内ができるように、説明ボードを用意しました。

今回の当方のネタについてですが、

画像


27日より運転が開始された、レッドアロークラシック塗装の編成が、24日にクリーム色一色で武蔵丘を出場し試運転した際の「レッドアロークラシック編成の下地塗装」の西武10000系ですが、かなりマニアックでしたね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
B-net公開運転会終了しました。 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる