新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS ハズレ工場に関する私見 #b_train

<<   作成日時 : 2010/10/01 23:59   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

プレミアムバンダイ限定、東急7200系が発売になり、
手元に届いた購入者のレポにより、詫び工場復活か?と話題になっております。

そもそも「詫び工場」とは何か。

Bトレの歴史の中で、たまに品質の悪いと言わざるを得ない商品が出てきます。
その品質の悪さとは、パーツが合わない、塗装が悪い等、というもので、
Bトレそのものに影響しない部分として、ランナーが太く気泡が入っている、ボス穴が六角形、といった症状が見られます。

で、このような商品を製造している工場が、
当時バンダイが販売していた「ワーキングビーグル」という、バス○レやトラ○レみたいな商品を作っている工場じゃないかと噂になり、
ワーキングビーグル〜ワービー〜ワビ
そしてメーカーが侘びを入れるべき品質
という言葉あそびで、「詫び工場」と言われるようになったと記憶しています。

ただし、
ある工場で作ったから品質が悪いのか
あるいは、この工場がワーキングビーグルを作っている工場と同じなのかについて
本当のところはわかりません。あくまでもウワサです。

なお、Bトレの品質のバラツキを考えると、
Bトレが複数の工場で作られているということは、おそらくそうだと思っています。
アタリ工場・ハズレ工場があるのではないかとも思ってます。


で、東急7200系はというと、

前回、東急7200系は限定商品として発売され
ほぼ同じ時期に、一般流通で、色違いの東急7600系も商品化されています。
このときは、私も購入していますが、組み立ててみてびっくりしたくらい
Bトレ史上、燦然と輝くハズレ工場製品でした。

だって、組んでてゆがんでるし、前面パーツが下にズレてはまるし。

ところが恐ろしいことに、この商品にはさらにバリエーションがあります。

実車も似ているのですが、静岡鉄道1000系のBトレも、このバリエーションのひとつです。

ですが・・・ですね(読みにくい)
この静鉄1000系のLuluca・Joycaラッピングについて、塗装だけやたらよく出来ている、ということが
このハズレ工場に関する謎のひとつです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
詫び工場はExpressやスタートレインを造っていた工場という情報が昔のファンページにあった記憶が。
とすると、塗装は苦手だが印刷はお手の物なのかもしれません。
名無しさんだよもん
2010/10/03 07:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハズレ工場に関する私見 #b_train 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる