新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS ASSYパーツを使った、コキ100系のN化

<<   作成日時 : 2010/06/08 00:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

コキのN化なんですが、小形車両用台車をつければそれでOKです。うちのコキ50000は通勤電車2でN化しています。


今回は、某chにあったありがたい書き込みをもとに、ASSYパーツでN化をしてみます。
ちょうど、ウチにタキショーティ作ったときの廃車(手が滑って意図していないところにノコが入った)発生品の台車があったので、実際にはそれを使いました。
要点は、3.2mmのプラパイプを使って、ネジ止めし、ワッシャーかませて車高を調整する、ということです。

加工は自己責任で!


◆用意するもの
KATO・タキ1000台車FT21(8037-1D)
プラ棒パイプ直径3.2mm(エバーグリーン224)・・・模型屋さんで売ってます。
M3の平ワッシャー・・・ホームセンターで1つ数円で売ってます。


画像

パイプを5mm程度に切って、台車を止めるネジを打っておきます。

画像

前述のパイプを、台車の下から通し、平ワッシャーを上から2枚程度通しておきます。

画像

コキの、台車をピン留めする穴に、台車に通したパイプを通します(キツイですが通ります)。
キツイので、簡単には台車は抜けません。

画像

いちおう、こんな感じになります。

画像

連結間隔は13mmくらいでしょうか。


なお、コキ104や106のASSYですと、カプラーが長く、連結間隔が開きますので注意してください。

試運転はまだですが、見た感じ大丈夫そうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
首振り時にちょっとカプラーポケットが引っかかり気味なので、床板と手すりの干渉部分を削る必要があるかもしれません。
また、台車取付は回転方向だけでなく上下にも十分ガタを持たせておかないと坂で脱線します。
(ピン止めと同じ位の余裕が必要かと)
あと、コキ104/106/50000の台車を使う場合は車輪が大きいのでワッシャ3枚位が丁度いいですね。
カプラーは根性でカトカプBタイプをつけます。
名無しさんだよもん
2010/06/08 22:07
う〜ん、お話ですと少し調整が必要かもですね。ウチらの場合、モジュール連結で段差が生じますので、上下の遊びも気になります。
カプラーは基本アーノルドにしてるので。
ISOJIN
2010/06/08 23:35
要は、元々タキ1000に付いていたときと同じように各方向にひっかかりなく動けば問題ありません。
最初はこの上下の動きを忘れて左右に首を振ればOKと勘違いしてツライチに仕上げてしまい、悩みました。
そういう時、タッピングビスを少し緩めるだけでも劇的に走行改善します。
名無しさんだよもん
2010/06/09 00:12
カプラー短縮ですが、M1.4x3ネジでTOMIXの2軸貨車用アーノルトカプラーの柄の上半分を削って薄くしたものをネジ止めするのがよさそうです。
上下には首を振れませんがまあなんとかなりそうな雰囲気です。
名無しさんだよもん
2010/06/13 05:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ASSYパーツを使った、コキ100系のN化 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる