新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根登山モハ1形を買ったんですが

<<   作成日時 : 2010/02/16 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヨコハマ鉄道模型フェスタで先行販売された、箱根登山鉄道モハ1・2形を買ってきました。

とりあえずモハ1形の2連を素組みしたのですが、すばらしく組み立てやすいキットでした。
パーツのはめ込みは、キツイと思ったところがありません。
屋根パーツに関しては、ランナーからの切り離し部分が、見て目立つ場所に来てしまいますが、屋根の取り付けについては、特に力を入れなくても嵌まりましたし、取り外しも容易です。
シャーシを取り付けるツメは、ガラスパーツではなく、側面パーツに彫ってあります。

箱根の電車には、線路に水をまいて走るための水タンクが、車端部についています。
正面から見ると、水タンクが下過ぎる印象があります(近鉄12200系のスカートと似た感じ)が、おそらくN化した際のカプラーとの関係を意識したものかと推測しています。
また、側面については、裾のステップ処理が微妙なんですが、設計上やむを得ないように思います。
実車のモハ1形と2形では、客ドア間の窓の大きさと数が違うのですが、Bトレでは窓の大きさが作り分けてあります。

印象をざっと書きましたが、個人的には最高クラスの出来と思います。


なお、サボステッカーを貼る場合、どの車両にもいえますが
車体色が白以外の場合、ステッカーを貼ったときに車体色が透けがちです。
薄っぺらい印象も出てしまいますので、白のプラ板か、あるいはBトレパッケージの白い部分に一度貼り付けた上で、両面テープで貼ると印象がアップします。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根登山モハ1形を買ったんですが 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる