新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS 一般販売・限定販売

<<   作成日時 : 2009/11/12 00:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

Bトレの販売方法をめぐる議論において、「一般販売」、「限定販売」という言葉が出てきます。


■原則

バンダイが販売元で、Bトレを扱うお店、つまり一般に流通して販売されるものが「一般販売」と呼ばれるものです。

一方、バンダイ以外が販売元で駅や指定のお店等で販売されるもの、販売元に関係なくイベント会場など限られた場所で販売されるものは「限定販売」と呼ばれます。
単純に「一般販売」以外で販売されるものが、「限定販売」と理解してもいいでしょう。


■一般販売なのに限定販売

しかし、一般販売なのに「限定」と謳われた商品があります。
「E231系総武線クラナドラッピング編成」と「E231系山手線命名100周年ラッピング編成(2009年12月予定品)」がそれにあたります。
また、少し拡げると、新パート1・新パート2には、「初回限定版」が存在します。

おそらく、これらは「初回出荷のみ」、あるいは「数量限定」という意味での「限定」かと思われます。

「一般販売」という言葉の誤解を減らすためには、「一般流通」と呼んだ方がいいのかも知れません。
なお、現在のファソページでは「●一般店頭販売」と表記されています。



■限定販売なのに一般流通

逆に、「私鉄限定の商品が一般の店頭で売られている」という事実があります。
コントリビュートが販売元の京成グループや、プロスパが販売元の西武、JR西日本商事の商品に見られます。

(あくまでも個人的な憶測ですが)販売元が、問屋を通じて、あるいは直接Bトレ取扱店に卸しているものだろうと思います。
しかし、バンダイが流通させている訳ではないので、「限定販売」として呼ぶ方がふさわしいでしょう。



大半が初心者の方なんでしょうが、「××買いに店に行ったら無かった」とか「私鉄限定のはずの○○が量販店で売っていた」など、販売形態の事実に気づいていないであろう話題を、ネットなどで見かけます。

「一般流通」と「限定販売」を見極めて、効率よいお買い物を心掛けましょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
山手線命名100周年ラッピング編成がこの度発売されますね。
ヨトバシカメラでは2箱以上予約したお客様限定で特製のファイルがもらえるそうです。

こんにちは

販売期間限定品としたのですか…。
やっぱり実車もラッピング期間があるからとかなのでしょうかね…。個人的には6ドア車もつけて3両セットにしてほしかったトコです。
にこますゲスト
2009/11/15 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
一般販売・限定販売 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる