新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋根に泣く

<<   作成日時 : 2009/10/19 01:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回のエントリでふれました小田急5200形ですが、土曜の時点で短縮された後の4連にするつもりでした。

ところが日曜日、仲間内の車両転属計画にあった、小田急5000形4両のウチからの転属が一部変更になり、中間車ボディを残すことにしました。

従って急遽5200形を当初の6連で準備することにしたのですが、ネットで調べたところ、なにやら屋根が違うらしいということがわかってしまいました。

5200形は、Tc1+M1+M2+M3+M4+Tc2という編成で、M2とM4は同じ屋根ですが、M1にはパンタが無い分ランボードがあり、M3はM2・4とは違う屋根らしいのです(製造時期で違うかもしれないし、どこまで信じていいのかわからないのですが)。

ということで、このような形で行こうと思います。
画像

ガラスパーツを9000・8000形のものと差し替える関係で発生する、9・8000形の残パーツから、9000形の屋根2種を使ってみます。
結果、クーラーの位置が変わってくるなど、微妙な感じなので、元に戻して細かい点をスルーしようか迷っているところです。

一応、シングルアームパンタは3基載せて、今は現存しないらしいタイプの編成に仕立てます。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋根に泣く 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる