新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS 683系サンダーバード

<<   作成日時 : 2009/05/17 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

この土日に静岡で行われている、トレインフェスタと静岡ホビーショーを見学してきました。

西武〜小田急〜東海道と乗り継いで、先に373系静岡行きで先に現地についていた、赤ガマさん、ターマックさん、けいそうさんのB-net3人に、やぎしたさんご一行を加えたみなさんと、11時ごろグランシップで合流。
その後ホビーショーへ移動しました。

ここでは、ホビーショーで展示されていたサンダーバードについて触れてみます。
なお、実車にそんなに詳しくはないので、間違っていたらごめんなさい、
って間違ってました(以下内容を修正しています)。


画像

こちらがAセットの内容です。
左から、クハ683-700、サハ682、モハ683-1000、クロ683

画像

こちらがBセットの内容です。
左からクハ682-500、モハ683-1300(見た感じ1000番台と共用)、サハ683-300、クモハ683-1500
実車のモハ683-1300は、モハ683-1000より客扉1枚設置準備となっている点が異なります。

この品物の横に
画像

この方が鎮座されておりましたので、別アングルが上手く撮れませんでした。

実車の編成は
大阪
クロ683【A】
サハ682【A】
モハ683-1000【A】
サハ683-300【B】
サハ682【A】
クモハ683-1500【B】

クハ682-500【B】
モハ683-1300【B(1000番台と共通)】
クハ683-705【A】
富山

ということは、A+Bではサハ682が1両不足しますので、6+3の9連はA+A+B
6+3+3の12連は、A+A+B+B
ということになるようです。
Bセットのモハ683-1300は、見た目Aセットのモハ683-1000と共通ですので、実車に近づけるには、客扉窓を塗装するなどの工夫が必要となると考えられます。



Bトレブースでは↓な感じで、リモコン動力で走っていました。


なお、その場にいた係の人に尋ねたところ、(N700の無い)リモコンセットの単品販売は中止し一旦白紙になったそうです。ニーズがあることは理解しているので、再度販売を目指したいとは考えている、みたいなことをおっしゃっていましたが、また黒歴史を作ってしまったわけですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重なレポートありがとうございます。

私も詳しくなかったのですが、かけやまさんのサイドビューなどで頑張って研究したところ(^^)、基本セットの先頭車は基本+付属9両編成の両端であり、増結セットは中間連結の2両のようです。

こちらの写真で、モハ683-1000と-1300が作り分けられていないことがわかりました(-1300は片方のドアが準備工事)。お礼申し上げます。
Kim
2009/05/17 20:50
Kimさん
ご指摘ありがとうございました。
自分なりに再点検して記事を修正しました。
KATOの683系を9連で持っているのに気づきませんでした(涙)
ISOJIN
2009/05/17 23:48
恐らく初めて書き込みさせて頂くと思います。
ご挨拶が遅れましたが、土曜日はお世話になり、ありがとうございました。
また、遠路静岡までお疲れ様でした。
短い時間でしたが、楽しいひとときを過ごす事が出来ました。
また、現地では満足にご挨拶も出来ず、申し訳なく思っております。
ISOJINさんと合流するまでの間、他の皆様のお話を伺いながら、
横の繋がりのある皆様がとてもうらやましく感じました。
今後とも宜しくお願いいたします。
まずは遅れ馳せながらご挨拶まで。
やぎした
2009/05/19 22:07
>やぎしたさん
こちらも遅れて到着しておきながら、きちんとご挨拶できず失礼致しました。
小さい頃から鉄道好きなんですが、同じ趣味の人と一緒に行動することはあまりありませんでした。B-netで横の繋がりが出来まして、より楽しませてもらってますので、横の繋がりの良さは実感しています。メンバー同士で情報交換することで、Bトレ集めも楽になりますし。

またお会いできることを楽しみにしております。
ISOJIN
2009/05/20 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
683系サンダーバード 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる