新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS メンテナンス

<<   作成日時 : 2008/12/12 19:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 私が始めて親にNゲージを買ってもらったのは小学生高学年のときで、茶色のユニトラックに、パワーパックジュニア、台車とともにスカートも首を振るEF65-500と20系寝台3両というものでした。
 両親に鉄道模型の知識はなく、よくわからないまま遊んでいたため、今となってはずいぶんと高いおもちゃで遊んでいたようなものだと反省してます。

 メンテナンスの知識がないので、買ってもらってすぐ走らせると快調なのに、数日出しっぱなしにするときちんと走らなく理由が最初わからず、後にレールが汚れると走らないことを学びました。ユニクリーナーも布も綿棒もないから、ティッシュを濡らしてレールを拭いたりして・・・結構キケンなことをしていたと思います。ユニクリーナーを買ったら、フタがきちんとしまってなくて、あっさり揮発して無くなっていたりとかもありました。
 
 この辺のメンテナンスについては、メーカーのカタログを買っていれば書いてあるものですが、Bトレから鉄道模型の世界に入った方は、メーカーのカタログをまだ買っていないでしょうから、なんで走らなくなるのかわからないかもしれません。

 ある日、某所のレイアウト作成教室に、ある方のお手伝いみたいな感じで同席していたのですが、そこである子供さんが一生懸命つくったレイアウトが完成し、その子が持ち込んだ動力車で試走させたらまったく走らなかったことがありました。レールへの電気配線をみると問題はなく、レールを再度磨いても動かなかったので、動力車をチェックしたら車輪がこれでもか!ってくらい汚れてました。レールの汚れに気をつけてても、車輪の汚れには気づいていなかったようです。

 コントローラーを回しても、カックンカックンいってスムースに動力車が走らない(いわゆるギクシャク運転)のは、おそらく集電が悪いことが原因です。集電不良の原因としては
 (1)レールが汚れている
 (2)車輪が汚れている
 (3)車輪からモーターまでの電気の流れの中で、集電板の接触がうまくない
が主な原因で、特に(2)は気づかない人が多いと思います。また(3)は動力を分解していなければあまり起きない事象だと思います。

 レールをきれいにしても、車輪が汚れていると集電不良が発生します。レールを拭いてなおギクシャク運転をするようだったら、次に動力車を裏返し、ゴムのついてない車輪に汚れがついていないかチェックしましょう。黒い汚れが付着していたら、これがいわゆるスパーク汚れです。

 電気をレールに流し、車輪から集電するNゲージ鉄道模型は、レールをいくらきれいにしてもいずれスパーク汚れが車輪や線路に付着してしまうものです。綿棒か布にユニクリーナを付けて、車輪とレールが接する部分の汚れをふき取ります。おそらく綿棒等はそこだけ黒くなって汚れ、これで走行も結構ましになると思います。

 Bトレを長い編成で走らせると、多数の車輪が短い間隔でレール上を転がる形になり、トレーラー台車にレール上を汚れが付着し、結果レールの汚れが取れることもあります。ただトレーラー台車についた汚れが、またレールを汚すことがあり、貸しレイアウト等では後の運転者に迷惑をかけることになるので、トレーラー台車も汚れをふき取ることを心がけましょう。

 ついでにBトレに使われる小形車両動力は、車体が軽く、ポイントで台車が浮いたりして、これも集電不良の原因になります。補重を行うことは台車が浮くことを抑えて集電をよくするとともに、車輪とレールの摩擦が大きくなり牽引力の増加にもつながります。小形車両動力が非力なのは、モーターが小さ過ぎるのではなく、車体が軽すぎなのが原因で、補重により車体を重くすることができれば、直線平坦であれば結構な両数を動かせるし(自分の場合1M12Tが最高)、標準的な勾配なら1Mでしっかり上がるようになります(自分の場合1Mで6両編成までは普通に)。Bトレは車体内部の空間に制限があるので、補重するにも限界がありますが、仮に広い空間が確保され、たくさん補重ができれば、相当な両数を引くことができると考えられます。
 ただ、動かす車両数を増やすのも、重りを載せるのも、モーターへの負担が大きくなることにつながります。幸い、今までDCCデコーダーを壊したことは数回あっても、かなり走らせているつもりですがモーターを逝かせたことはありません。しかし、モーターへの負担はモーター寿命を短くする原因になるということはご承知いただきたいと思います。

 なお動力に補重する際は、ギア(歯車)がついている台車の上に載せないといけません。均等に載せるのなら大丈夫かと思いますが、逆にギアがついていない台車の上に載せると、ギア付車輪が浮いて空転してしまいます。

 世の中にはロコという、車輪にほんの少しつけて走行させると、レールの汚れが落ちるという(高いけど)便利な商品があります。ただ潤滑油のようなにおいがして、レールがすべるようになり、車重の軽いBトレだと空転を引き起こすので、所属サークルでは使用禁止になっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メンテナンス 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる