新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のBtrain of the year & ワビー賞2008

<<   作成日時 : 2008/12/11 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

Btrain of the year & ワビー賞2008は、今年1年間に発売されたBトレのナンバー1とワースト1を考えようという企画です。企画の詳細については、こちらをご覧下さい。

なお本企画は、個人の独断と偏見で評価する形をとっております。意見は人それぞれあるかと思いますが、以下のランキングについても私個人の評価によりますことをご理解ください。


さよなら0系セットの発売で、当初の購入予定分が終了しました。
それでは・・・発表します!


Btrain of the year2008
個人的に高評価であるものの上位ランキングです。
よきものを称えることで、今後も水準の高い商品を世に送り出して欲しいという意味がこめられています。


第3位
東武50000(50050・70・90)系
 (8月発売)
造形  ★★★☆☆ ドア窓が・・・だけど
塗装  ★★★★☆ 塗装パターンがちと違うけど
愛着  ★★★★★ だって元東上沿線住民だもん

屋根上換気装置の別パーツ化、組み立てもしやすく、無難にまとまっていると思います。塗装パターン、50090(TJライナー)の屋根の問題がありますが、元東上沿線住民として、親しみのある車両でもあって、評価を大きく下げるものではないと考えました。


第2位
小田急60000系MSE 
(11月発売)
造形  ★★★★★ よく再現してる
塗装  ★★★★★ こだわっただけあって文句なし
欲しい度★★☆☆☆ みんな持ってるので

ボディの表現、そして何より塗装がすばらしい。発売延期をしてまでこだわった販売元の姿勢も評価します。
細部にこだわらなければ、両数的に2箱余りなしで10両編成が表現でき、また買い足すことでより、こだわりのあるフル編成化できるというセット内容、生産量が十分あり手に入りやすいこともgood。
ただすみませんが、周りに所有者が多くて、購入していません。


第1位
伊豆急100系
 (9月発売)
造形  ★★★★★ よく再現してる
塗装  ★★★★☆ 鮮やかすぎるけど完成度高し
充実度 ★★★★★ これぞBトレというパーツの充実

カラーバリエーションがほとんどない代わりに、前面サービスパーツを多く設定、セット内容に若干変化をつけてA・Bセットにわけての商品化し、形状バリエーションが多彩にに表現できるセット内容になっています。鮮やか過ぎな気もしますが、塗装もきれいで、ステッカーの内容もよいですね。
ハワイアンブルーが特徴的として、比較的有名な車両かと思いますが、カラバリのない一般型の車両を商品化をしたことも評価したいと思います。
クーラー無しがまた、窓全開で酷暑の中下田まで乗りとおしたあの夏の思い出がよみがえります。



なお南海ラピートについては、買ってないし、見たことないし、造形については文句ないのですが、MSEを見てしまうと塗装に見劣りを感じてしまうので第4位にします。



ワビー賞2008
個人的に低評価でがっかりなものランキングです。
悪いことを指摘し、気づいてもらうことで、今後の商品開発に生かして欲しいという意味がこめられています。


第4位
103系岡山色・瀬戸内色<西日本SP4>
 (10月発売)
造形    ▼▼▼▼▽ タイプモデルで割り切るには強引すぎる

パーツ的には、岡山の前面だけは★★★★★。
いくら省エネの時代とはいえ、パーツの共用で済ますには強引かと。クーラーについては、既存の屋根やGMパーツなどで表現できますが戸袋窓うめって、手を加えるとしては面倒な作業かと思います。
作っておけば、カラバリ展開もできると思うので。


第3位
新幹線 700系
 (5月発売)
造形  ▼▼▼▼▽  ミソであるはずの先頭形状の表現がある意味すごい
大きさ ▼▼▼▼▼  すでにN化して遊んでいる人間にとっては特に、サイズが大きすぎる

満を持して登場の新幹線ですが、既存のBトレと比較して車体幅が約3mm大きく、N化した場合、ホームやストラクチャーに接触する恐れが高いです。Nゲージ化すると、既存のレイアウトを改良する必要となる点は、縮尺云々より優先すべきところであったと思います。
車体表現については、側面はおおむね問題ないと思いますが、特徴ある先頭形状は、苦労したのか、表現しきれてなく、おもちゃっぽさを助長してしまったようです。
セット内容については、フル編成化に向け無駄買いせざるを得ないのは、多彩な側面形状にこだわったこそかと思うので、その点は仕方がないのかもしれません。
ちなみに、買ってはいますが組んでいません。当面組むこともないでしょう。


第2位
ディスプレイモデルシリーズ D51
 (10月発売)
N化不能 ▼▼▼▼▽ 仕方がないとはいえ、置くだけではねぇ。ロッドが動かないのも

BトレにSLをという声は、確かにあったと思います。これに応えたのかどうかは知りませんが、ディスプレイと割り切った商品になりました。置くだけのものであれば、パーツの差し替えで特定機を表現するなど、面白い商品になっていますが、Bトレインショーティーのブランドを使うには、N化はないがしろにして欲しくありません。
せめて転がし遊びでもロッドが動くと面白いと思いますが。



第1位
211系房総色、223系新快速、455系訓練車<新パート2初回>
 (5月発売)
塗装 ▼▼▼▼▼ エラーに尽きる

面倒なのでまとめてこの評価にさせていただきます。
211系房総色は上部帯色、223系新快速は中間車の帯色、455系訓練車も中間車のライン印刷がエラーで、結果メーカー交換対応となっています。
Bトレの表現を語る上で、デフォルメやパーツ共通化のための表現の省略がよく話題になります。これらは商品の性格上やむを得ないものと私は考えていて、仕様と見て許容できるかどうかは、個人の車両に対する情熱などで変わってくると思います。
しかし、上記新パート2初回のエラーは、メーカーの製造管理上の問題だと思うのです。前述の表現の省略と同類に扱う点ではなく、メーカーのミス(実車の塗装の把握ができていなかった、あるいは工場への指示が間違っていた等)か、海外の工場がミスしたかの問題です。結果単純なミスによりウソ電になってしまったわけです。試作品の段階でどうだったのか知りませんが、出荷前に抜き取りチェックでもすれば、消費者に渡る手前で対処できていたのではないのでしょうか。さすがに気づいてて販売したということはないと信じていますが。

昨年、「183系の1パンタ屋根が、説明書どおりに組むとパンタ位置が逆になる」ということがありましたが、これは幸い、組み方を変えるだけで対処できるもので、私も「各自工夫しましょう」と書いたりしました。
381系の中間車のトイレの有無については、パーツ共通化の結果と解釈していますが、これを許容できるかについては、個人の想いの差次第ということになってしまうでしょうか。

この2点と新パート2初回のエラーは、次元が違う話であって、新パート2はお粗末と指摘せざるを得ません。

この後、東京メトロ10000系の試作品で上部帯が間違っていたのが、一旦発売延期になったうえで、修正されて販売されましたし、これは噂でありますが、MSEが一旦延期になったのはある理由があったからだとか、品質管理に改善がみられたのは評価したいです(12月にオチがありましたが)し、新パート2も交換対応を行った点も評価しています。メーカーもいろいろ苦労されて、商品が世に出ているのだと思いますけどね。




特別賞:ナニコレ珍車両賞

企画の言いだしっぺにしては、特別賞の設定がテキトー気もしますが。

今年は、塗装のエラーが多かったですね、というのは前述のとおり。

にもかかわらずですね

くつ摺りがドア上についているという衝撃を与えてくれた
埼玉高速2000系を珍車両賞としたいと思います。

何が原因なのか、設計データが間違っていたのかどうか知りません。
鉄道車両を知っていると、なかなかできないミスで、鉄道車両の知識がない人が作るとこんなのが形になるのかと。新パート2より重大な問題なのかもしれませんが、思わず笑ってしまいたくなる出来事だったので、こちらに設定しました。
やはり、メーカーがしっかりチェックする必要があるということですよ。


その他コメント
振り返ってみると、ラピートとMSEなど、他に金型使い回しができないような車両が新規商品化されました。既存品のバリエーションで利益を上げるビジネスモデルであるBトレではありますが、ある程度新規車両を投入する意欲的な商品展開を今後も続けて欲しいですね。
また、参戦はしていませんが、スルKAN戦争が平和的に終了したのは喜ばしいことで、今後も、欲しいと思ったら買える程度の品揃えと、欠品商品のタイムリーな再生産を、期待したいと思います。
それから、新パート2の影響なのか、一時期に比べて販売ペースが落ちたと感じます。でも、財布のことを考えるとこれくらいで十分(もっとゆっくりでもOK?)かなと。



最後に、
本企画がなかなか面白い流れを作っているようで、企画者としてうれしく思います。まだ今年が終わるまで日にちがありますので、ブログのネタに困ったら参加いただければと思います。
(実は昨年もやってたりしますが)
こういう流れになったのも、本企画に対して、読み応えある記事でお応えいただいた皆様のおかげです。評価の視点が記事執筆者で微妙に異なり、ランキングも変動したりしていて、興味深く拝見しました。この場にて感謝申し上げます。

来年もやりたいと思っていますが、それ以前にこのブログが果たして続いているのかという問題があります。
まぁやめる予定はまだ無いですが、結局続けててもネタフリを忘れたりして(爆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、CHIANTIと申します。
旧ブログから見させていただいております。
今後ともよろしくお願いします。

ランキングの方、私の方でも便乗させて頂きました。
こうやってリリースされたものを再確認するのも
大切ですよね。
逆に来年出て欲しい物もランキングやりましたが(笑)

折角ですので、相互リンクさせて頂きたいのですが
よろしいでしょうか?
CHIANTI
2008/12/17 18:02
>>CHIANTIさん
はじめまして。
2008年もたくさんのBトレが発売されました。これでも一時期に比べれば落ち着いたペースだったと思います。

当サイトへのリンクについては、こちらの承認は必要ありませんのでよろしくお願いします。
ISOJIN
2008/12/19 00:25
こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m
それでは、リンクさせて頂きますね。
CHIANTI
2008/12/19 02:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
私のBtrain of the year & ワビー賞2008  新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる