新いるまがわ車両センター

アクセスカウンタ

zoom RSS D51

<<   作成日時 : 2008/10/30 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回はテキストのみでお送りします。

本日出荷のSLD51を仕事帰りに買ってきました。
N化できないディスプレイモデルのため、実は集める気はなく
ご挨拶程度に2つ買ってきました。

今回のタイプは、大きく分けて、半流型、標準型、戦時型の3種類です。
普通のBトレとは違って、箱をあけてパーツを見ても
すべて黒いD51(シクレはなんだか知りませんが)のため
中身を区別するのは、結構難しいですが
半流型、標準型、戦時型の3種類までは、説明書を見れば区別ができます。

それ以上のつくり分けについては、パーツの構成で判断するのが基本なので
説明書に記載されている内容と見比べる必要があります。

当方が引いたのは、戦時型と標準型でした。
そのうち、標準型だけ中袋をあけて組立ててみました。

標準型は、155、200、498、538、691、756の6タイプです。
説明書を見る限り、違いは次のとおりです。
155・・・集煙装置(長野/パーツナンバーC-6)つき、デンダーに重油タンク、点検穴ありデフ
200・・・標準スタイル、点検穴アリデフ
498・・・復活スタイルなので、デンダー上面に違い
538・・・門デフ
691・・・集煙装置(鷹取/パーツナンバーC-5)つき、ドーム後方に重油タンク
756・・・集煙装置(C-6)つき、ドーム後方に重油タンク

ちなみに、私のは498でした。

組立ては、順番守って組まないとうまく組めません。
説明書をよく読んで組立てるようにしましょう。

#組み立て説明書をじっくり見たのはVSE以来です。


個人的な感想です。
ディテールはそこそこかと思います。
ただ当方としてN化できないと魅力を感じません。
(動力あったとして、高いのもこまりますが)
黒歴史行きの可能性大とみましたが、皆さんはいかがでしょうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
D51 新いるまがわ車両センター/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる